車検時にオートマオイル交換

オートマオイル交換は必要?

エンジンオイル交換はマメに行っていてもATF交換は10万キロでも行っていない場合が多いです。新車で購入して5万キロで乗り換えているオーナーさんであれば乗っている間はオートマ故障に会う確率は低いと思いますが8万キロ以上乗るのであれば交換をお勧めします。

オートマオイルの劣化

ATFは熱に弱くオートマ内部のクラッチの削りカスや鉄粉で劣化します。また酸化しますのでパッキンを駄目にしオイル漏れを起こしますので交換時に同時に点検、メンテナンスも同時に来ます。

オートマオイルの正しい交換

よく簡易的にオイルだけで3リットル程の交換を行う場合がありますが全容量が8リットル程なので汚れを薄めただけとなり効果が期待できません、正しい交換はオイルパンを外しフィルター、パッキンを交換しATFライン洗浄とバルブボディーのオーバーホールも行うと完璧です。

バルブボディーとは油圧制御のオートマの心臓部で迷路状のラインで油圧コントロールしています。このラインが詰まると油圧制御に不具合が生じ変速ショックやギクシャクした症状が出ます。

下記画像は4万キロのバルブボディーですがかなり汚れていました。車検時にATF交換をお勧めしますがデリケートな部分なのでオートマオーバーホールが出来る専門店で行う事をお勧めします。ベンツ車検

オートマオイル交換