ベンツ車検ブログ

ベンツオイル漏れの修理って高いの?

ベンツ車検
  • やっぱり入庫時にオイル漏れの車両は多いですね・・・

  • オイル漏れと言ってもオイルの種類は(エンジン、オートマ、パワステ、ブレーキ、デフ、油圧サスペンション)各種あるのでまずは何のオイルなのか?どこから漏れているのかを診断しなければなりません。
  • この中でエンジンオイル漏れは多くタペットカバーパッキン、オイルクーラー、ベンチレーション、フロントリヤシールからの漏れとなります。
  • タペットカバーパッキン交換であれば¥35.000~ オイルクーラーからの漏れであれば¥30.000~と驚く価格ではありません。
  • 多少のオイル漏れでも外気温の変化で急激に漏れ出しベルトに付着しベルトが外れるという事が多いので放置は危険です。

ベンツ修理ベンツ修理相談室

ベンツ車検時のオートマオイル交換

ベンツ車検

車検時には油脂類交換がつきものです、エンジンオイル交換は一般的ですがオートマオイル(ATF)交換を車検の際に行う事をお勧めしていますのでご紹介します。

ATF交換はエンジンオイル交換の様にメジャーではなく10万キロオーバーでも無交換何て言う場合が少なくありません、新車で購入して5万キロ以内で乗り換えるのであれば良いのかもしれないですが中古で購入した車両や10万キロまで利用する場合はATF交換は必須となります。

ATFは油圧制御と潤滑、冷却を行っていますが特に油圧制御は重要で汚れ等で詰まると変速ショックや変速できない状況になります、なにが大変かというとオートマ修理は専門業者では出来ないので一般的にはディーラーに外注となり60万円前後に修理代になる事になります。

このような事になるリスクヘッジとしてATF交換は重要メンテナンスとなります。

当社ではATF交換、フィルター交換、パッキン交換の他にさらに故障リスク軽減できるバルブボディーオーバーホールも行っていますので車検の際には是非、ATF交換もメンテナンスメニューに追加されることをお勧めいたします。

ベンツ車検ベンツ車検

W211車検点検

ベンツW212車検

GW明けから多くの車検整備を行っています。

年式、走行距離によって点検重点個所も変わりますがやはり受付時に現在の不具合=故障個所をお伺いしているのでまずはその診断からとなります。

例えば異音の場合はエンジン関連、足回り、ブレーキのどの部分からどんな音かにより診断方法も変わる事と常時発生していない場合には故障の再現性が低いので診断に時間が係ることがあります、また音が重複している場合もあるので注意が必要です。

下記画像はブレーキディスクとパッドですが限界値に達しているので「キー」という異音がしました。また足回りではブッシュやジョイント部分の劣化から異音が発生する場合もあります。

ベンツ車検

W212車検【ベンツ車検.COM】

W212の車検では主に電子系統の点検をメインに行います。

ベンツW212車検

先代のW211よりもコンピューターユニット数が増えたので電子制御されている機能が多く故障も殆どが電子制御部品となります。バッテリーですらコンピュター制御なので「充電できない=オルタネーター」という簡単な診断は出来なくなりました。部品交換も単に新品交換が出来ずコーディング作業も必要となります。

大きなマイナートラブルはあまりありません。

電気系と足回りの劣化部品、7速ATなのでATF交換は必須の車両です。

 

現在、8/31までにご予約されたお客様には納車時にガラスコーティングを無料施工させて頂いております。

ベンツW212車検

ベンツ車検 エアコン修理

ベンツ車検時の同時修理でエアコン故障が多くなりました。

エアコン修理

故障原因はガス漏れ、コンプレッサー故障で診断にはちょっと時間が掛かります。

左記画像はエアコンコンプレッサーで車種により交換が簡単な場合と周辺部品の

取り外しが難しい場合があります。

コンプレッサー交換費用はディーラーさんで約20万円~

当社では大体11万円程で交換まで行います。

費用にはガス漏れ診断、交換工賃、真空引き、エアコンガス充填まで含みます。

修理する場合は点検、診断料は頂きません!!

これからお盆休み前までは毎年、エアコン修理が非常に多くなりますので現在故障している場合は早めの修理をお勧めします。

ご予約はこちらでお願いします