ベンツ

ベンツオイル漏れの修理って高いの?

ベンツ車検
  • やっぱり入庫時にオイル漏れの車両は多いですね・・・

  • オイル漏れと言ってもオイルの種類は(エンジン、オートマ、パワステ、ブレーキ、デフ、油圧サスペンション)各種あるのでまずは何のオイルなのか?どこから漏れているのかを診断しなければなりません。
  • この中でエンジンオイル漏れは多くタペットカバーパッキン、オイルクーラー、ベンチレーション、フロントリヤシールからの漏れとなります。
  • タペットカバーパッキン交換であれば¥35.000~ オイルクーラーからの漏れであれば¥30.000~と驚く価格ではありません。
  • 多少のオイル漏れでも外気温の変化で急激に漏れ出しベルトに付着しベルトが外れるという事が多いので放置は危険です。

ベンツ修理ベンツ修理相談室

アクセスマップ

地図

株式会社タカ・コーポレーション

〒224-0037

横浜市都筑区茅ヶ崎南3-23-1

TEL:045-309-6111

営業時間:9:30~19:00

日曜日定休

ご来店時はお問合せフォームをご利用下さい。

お問合せフォーム

【お車の場合】

東名高速 横浜青葉インターから10分  第三京浜 都筑インターから6分

【電車の場合】

横浜市営地下鉄 仲町台駅 徒歩12分

ベンツ車検事例

当社は年間2.000台以上のベンツの修理/車検を行っております。

ベンツ車検車検時に故障修理のご依頼が多く同時作業なので割安で行います。

下記画像の警告灯はラジエーターのマークとなり冷却水(クーラント)の漏れが疑われます。

夏場に多い故障でこの場合は専用ツールで圧力テストを行い漏れ個所の診断を行います。

当然、ベンツ専用テスターでの電気的診断も行う必要があります。

警告灯が表示されましたら車検の期日に関わらず早急に点検が必要です。

 


ベンツESP故障左記画像が表示された場合、ESP(エレクトリックプログラムシステム)の故障となり運転に支障がある症状が出る場合と故障の体感が出来ない場合があります。

ESP警告灯が出た場合は目視ので診断は不可能となりますのでベンツ専用診断機での診断が必要となります。

ベンツ診断機診断機ので点検しか出来ない故障の場合、単にエラーコードが出ている部品を交換すれば直るわけではなく、エラーコード実測値、症状を分析して故障部品を特定する必要があります「これが良くある交換しないと直るか分らない!」という診断結果です、当社では難しい故障の場合は多少時間は掛かりますが実験的にテスト部品交換を行い故障部品特定する事で無駄な作業、無駄な請求を行わない企業努力を行っております。

 


ベンツ車検修理左記画像は足回りの部品(ロアアーム、ショック、スタビライザー)です。

車検時しかリフトアップする事が少ないので車検点検でブッシュの割れ、ジョイント破損等の車検にパス出来ない故障個所が見つかることが少なくありません。

この足回りの部品交換がディーラーさんでは定価請求となるので高く総額40万円~となる場合には足回り部品交換が入る時に多いので走行距離が5万キロ以上のベンツの場合は頭に入れなくてはなりません。この様な部品交換も毎日行っておりディーラー価格よりかなりお安くご案内しておりますので安心してお任せください。


ベンツベルト切れ左記画像はいわゆる整備不良でVベルト、プーリーが破損した画像です。

法定点検は6か月、12か月、24か月と定められているので通常であればどこかの点検時にVベルト、プーリーの劣化を指摘され交換してればレッカーのお世話にならずに済んでいる故障です。

しかし多くのベンツユーザーさんは高い費用が掛かる心配から定期点検に出さないケースやスタンドやカーショップで車検を行っているので指摘されないケースが多く最終的にこの様な結果になりレッカーでご入庫されるお客様が多いです。

例えば当社でVベルト、プーリーを交換しても工賃込で2万弱なので不動車になる事を考えれば安いと思います。

 


ベンツ車検工場ベンツカスタム車検時にフォグランプのHID化やスモールランプ、ナンバー等のLED化も行っておりますので車検でお預かりしている期間で同時作業が可能です。

また、純正ナビを社外ナビに交換やTVキャンセラー取り付け、ドライブレコーダー取り付けも電装専門スタッフによって取り付けさせて頂きます。

現在のベンツは電子制御となっているので所定の場所に配線しないと故障の原因となりますのでベンツ専門店にお任せください。

ナビやドライブレコーダー、レーダーは部品持込み歓迎です。

 


オートマオイル漏れオートマオイル漏れ ベンツの故障で最も多いのがオイル漏れです。その中でも危険なのがオートマオイル漏れで警告灯がありませんのでオイルが減っている事に気づきません。

またリフトアップしないと気付く事が出来ないので車検時に発見するケースが多いです。オートマオイルATFが減ったまま走行するとオートマ故障となりその場合40万円~の修理代になるのでオイル漏れで最も気を付ける必要がある部分です。

当社ではオートマパッキン交換、フィルター交換、ATF交換、内部洗浄を行い4万円~と一般価格よりお安くご案内しております。

 


ベンツブレーキ車検と言えばブレーキパッド、ローター交換が付き物です。

ベンツにはブレーキパッド警告灯が付いており残り3ミリ程で点灯しますが警告灯が点灯してからではやはり不安です・・・近くのディーラーさんで・・・なんて気軽に考えていたら17万円です!?と言われてびっくりする事もあると思います。

ベンツはブレーキが良く効くので消耗品ではありますが部品価格が国産車より高くブレーキパッド、ローターを4輪交換するとそれなりの金額になります。

当社の場合、17万円と言われる車両では約12万円程の価格で承ります(ベンツ純正メーカー部品使用)

よくブレーキが無くというケースの場合、ブレーキローターの摩耗が原因です。


ベンツ車検ベンツブーツ切れ車検にどうしてもパスできないのが足回りのブーツ、ブッシュ切れです。検査の際に最もチェックされる部分です、安全保安部品なので当然ですが普段は気付かない部分なので想定外の出費となります。異音が出ていれば交換する事で一石二鳥の部品でもあり交換すれば走行時の安定感はかなり良くなります。

安全保安部品なので交換は認証工場か指定工場でなければ違法となり万一の整備不良があり事故でも起こしたら大変なので専用ツールを持っている専門工場に任せましょう。

交換後はアライメントが必須となります。

 


ベンツタイヤベンツバッテリー車検時に忘れてはならないのがタイヤとバッテリーです。

どちらもダメになると走行出来なくなる部品なので2年に1回の車検時に点検交換を行う必要があります。

タイヤもバッテリーもカーショップ、もちろんディーラー価格よりお安くご案内いたします。たとえばバッテリーですが欧州車専用バッテリーなので¥9.800では購入できません!ディーラーさんでは5万円、6万円と結構高い部品です、またディーラーさんカタログでは3年毎に要交換となっているのでバカになりません・・・当社では工賃込¥25.000~となります。